女性

年収や返済状況が重要です

不動産

安定した収入が目的です

中古マンションで不動産投資を始める人が増えています。新築マンションよりも中古マンションが好まれる理由は中古マンションの方が価格が安いというほかに、資産価値が下がりにくいという特徴があるからです。もちろん、新築マンションが破格で販売されていれば、新築マンションを購入して不動産投資をするのも構いません。中古マンションでの不動産投資を行っている人の多くは、資産を大きく殖やすという観点よりも、安定的に定額の収入を確保することが目的となっています。中古マンションを数戸保有していれば、将来は年金に頼らずに生活をしていくことができます。若いうちから不動産投資を始めておけば、老後は給料がなくなっても余裕ある生活を実現できます。

属性をしっかりと見ます

銀行等の金融機関も中古マンションでの不動産投資に対するローンを積極的に組むようになってきました。数年前までは3%を超える金利で貸付けていることが当たり前でしたが、最近では、1%前後で貸付けを行っている金融機関もあります。但し、中古マンションを購入して不動産投資をしようとしている人ならば誰でも良いというわけではありません。年収や勤続年数、過去のローン利用状況をしっかりとチェックされます。将来、不動産投資をしようと考えているのであれば、カードローンやキャッシングはなるべく行わないようにしましょう。1回でも返済を滞っている場合、投資目的の中古マンションを購入するためのローンを申し込んだ際に厳しく見られるケースがあります。