女性

空室リスクへの対応

書類

空き室リスクを緩和する

マンション投資が流行っている理由としては、投資の中では比較的リスクが低い投資と言えるからです。不動産を所有して、それを賃貸して収入を得るわけですが、入居者さえいれば安定的に利益を得ることができます。短期間で出資した資本を回収することはできませんが、20年30年で資本回収を行った後は、利益を積み重ねていくことができます。その中でも、マンション1棟買いであれば空室リスクも避けられるので安定的な収益を得ることができます。マンションの中の1室を購入して投資する場合には、仮にその部屋が空室になると収入はゼロになります。もちろん確率の問題ですが、万が一空室になってしまうと、維持管理費だけ支払い続けることになりかねません。

賃貸物件の入居率は8割

空室リスクを緩和することができるのがマンション1棟買いです。マンション1棟買いをすることによって、そのマンション内に空室ができたとしても収入がゼロになることはありません。マンション1棟買いですから初期投資額は1室だけを購入する場合の比ではありませんが、仮にマンション内の空室が生じたとしても、その他の部屋からの収入によって賄うことができるのです。空室リスクを避けることができるわけではありませんが、空室が生じた場合のリスクを限りなく緩和することができます。通常の賃貸物件の入居率が8割程度と言われていますので、空室が生じる可能性も低くはありません。マンションの1室だけを所有することのリスクは大きいと言えます。